音楽がカジノ産業をどのように支えてきた?

長年、音楽はギャンブルと密接に関係してきたことは間違いありません。ミュージシャンがプレッシャーの多い現実から逃れて、一瞬を楽しむためにカジノに行くことはありますが、音楽がギャンブルと関係している本当の理由はそれではありません。ギャンブルにまつわる名曲ソングがいくつか思い浮かぶかもしれませんが、それとは別に、音楽はギャンブルビジネスにおいて多大な影響を及ぼしてきたのです。本稿では、これについて詳しくみていきましょう。

ギャンブル業界の成長を促したライブミュージック

インターネットカジノがこれほどまでに成長する以前は、ギャンブルをしたければ、ラスベガスなどの場所に出向かなければなりませんでした。ラスベガスは、リゾートスタイルのカジノの発祥地であるが、リノやアトランティックシティーなど他の場所でも、ラスベガスより規模は小さいながらも、ラスベガスに匹敵するほどのカジノ体験を得ることができます。これらの場所に共通するものは何かというと、音楽とライブパフォーマンスなのです。

カジノが盛んな場所でなくとも、長年、カジノがある場所では、音楽ビジネスが常に相伴っています。この理由は自明ではありますが、ここではもっと詳しく説明しましょう。

カジノ経営者は、所有するリゾートやカジノに、より多く集客するための戦略を模索してきました。ギャンブル自体が集客材料ではありましたが、それだけでは不十分でした。ギャンブルだけでは、家族連れを納得させることさえできなかったのです。その結果、カジノ経営者は、リゾート内のギャンブルテーブル以外の場所で何かできないか?と考えるように…。このような考察が導いた結果は、音楽を中心とする多面的エンターテイメントが楽しめる場所として成長した今日のラスベガスに見て取れるでしょう。

もちろんのこと、ラスベガスが今日のエンターテイメント・メガシティになるまでには長い年月がかかりましたが、音楽は常に人々を惹きつける役割を果たしていました。この地では、時代をさかのぼると、フランク・シナトラやディーン・マーティンがライブパフォーマンスを披露していたのです。彼らは今日、私たちが目にするラスベガスの発展に多いに貢献しましたが、ラスベガスだけが音楽の恩恵を受けたわけではありません。その規模に関わらず、どのカジノでも、ライブコンサートやアクティビティのスケジュールが組まれており、新規顧客のみならずギャンブルに興味がない人さえも引きつけています。

音楽がギャンブル習慣に与えうる影響

音楽がカジノ集客に大きな役割を果たしている一方、カジノ(オンライン含む)で賭けをする頻度にも影響を与えている可能性もあります。音楽のジャンルやテンポが人間の行動に及ぼす影響について示した研究も数多く出ており、カジノ経営の向上に役立てられているのです。